トップ > 内職のだまし・ネット詐欺にご注意 > グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは?なんでしょう。

利息制限法では消費者金融や商工ローンを含む金融機関の貸付金利の上限を、貸し出し額に応じて年率15%〜20%に制限しています。

ただし、利息制限法による上限金利を超えた利息でも、利用者が自由意志で支払ったことが認められれば、それを合法とすると定められており、その場合には出資法の上限金利である年率29.2%まで認められますが、実際にほとんどの消費者金融や商工ローンでは、利用者に何も説明もしないまま利息制限法を越えて出資法を根拠とした金利を適用しています。

この利息制限法により定められた上限金利年率15%〜20%を超えて、出資法の上限金利である年率29.2%を超えない範囲の金利が、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

利息制限法により定められた上限金利年率15%〜20%を超える、グレーゾーン金利の部分の利息は本来であれば支払う必要はありません。

しかしながら、国民生活センターの調査によると、多重債務者の95%がこの事実を知らず、大半は利息制限法を超えるグレーゾーン金利(ほとんどの貸し金業者は出資法の上限金利29.2%を設定している)で払い続けていたとみられます。


グレーゾーン金利による融資は借りる側が自らの意思で利息を支払う場合には認められますが、実態は利用者は何も分からないまま貸し金業者が求める金利で契約しているケースがほとんどでした。

貸し金業者側の情報開示が不十分であることとあわせて、グレーゾーン金利の廃止問題にさらなる一石を投じています。

今後の法規制の動き、緩和策、いろいろな展開が予想されますが、賢い金融の利用、また悪質なやり方に泣き寝入りしないよう、正確な情報を集めておくことが求められますね。

最新情報があり次第、追加して情報はアップしていきたいと思います。

この記事のカテゴリーは「内職のだまし・ネット詐欺にご注意」です。
ネットビジネス、在宅ワークなどには、うまい儲け話を持ちかけてくる詐欺・悪徳事例が目立ちます。こうした商法にだまされないようにしましょう。
関連記事

「簡単な内職にはだましが多い」、のは本当か?

「簡単な内職にはだましが多い」、のは本当か? 「名札代書・代筆清書・ぬり絵(はり絵)・紙工作・値札作成・招待状作成」などの内職作業の案内がよくありますね。 いずれも、仕事の経験の無い初心者でも簡単に始...

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは?

最近の架空請求の実際例とは?

最近の架空請求の実際例とは? まだまだ、なくなら架空請求詐欺ですが、どんな実際の手口なのでしょうか? いくつかの実例を見て、だまされないよう気をつけましょう。 1.預金口座を利用しない送金方法を指定す...

架空請求にはまだまだ注意を!

架空請求,相談,消費生活センター

更新履歴

この記事のカテゴリーは「」です。2007年08月05日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ネットで自由な時間に稼ぎたい!」です。2007年08月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「内職・在宅ワーク・副業」です。2007年08月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2007年07月31日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索